• 化粧水の正しい使い方で効果的なエイジングケア

    化粧水を正しく使うことによって、効果的にエイジングケアを行なうことができます。

    あなたにオススメの化粧水のエイジングケアの情報がわかりやすく紹介されています。

    反対に、その役割を理解せず間違った使い方をしたのでは、せっかくの美容成分はお肌に浸透していかず、場合によってはお肌を傷つけてしまうことさえあります。基本的に言って、化粧水をつけるタイミングは、洗顔後五分以内がよいとされています。

    なぜならこの時は、お肌がみずみずしい状態にあるからです。


    使う量に関しては、基本的には各化粧品の説明に沿って使うことができます。


    エイジングケアに効果的なつけ方として、洗顔後水分をしっかり拭き取ってから化粧水をつけるのがポイントです。

    仮に水分が残っている状態でつけてしまうと、美容成分が水で薄まってしまうことがあるからです。
    効果的なエイジングケアのためには、化粧水をつける際に、コットンを使うのではなく手でつけるのがよいでしょう。

    その際、冷たい手でつけるのではなく、あらかじめ温めておいた手でつけるようにするなら、美容成分をお肌にしっかり吸収させることができるでしょう。



    優しく押さえながらつけていきますが、口元や目元などの皮膚が薄い部分は指の腹を使って優しくつけるのがお勧めです。



    化粧水をつける際に、間違った仕方でパッティングをすることがないよう注意するのもエイジングケアにはたいへん重要です。
    仮に誤ったパッティングでお肌に余分の刺激を与えてしまうと、シミや赤ら顔を引き起こす原因となりかねないからです。