• 加水分解コンキリオンを入れたエイジングケア化粧水

    エイジングケア成分は多数に及びますが、その中でも「加水分解コンキリオン」はシワや弛み、細胞の老化改善、肌にハリを与えるなどの効果があります。化粧水に入れる機会はありますが、使い続けることによってアンチエイジングを叶えることが可能です。

    化粧水のエイジングケアについて詳しく知りたいならこちらのサイトです。

    「加水分解コンキリオン」に含まれている成分はポリペプチド、それぞれ単体として分かれているアミノ酸になります。



    それらが合わさって皮膚にメリットを与えるのが強みです。
    ポリペプチドとはアミノ酸が10個から100個まで結合した物質です。


    「加水分解コンキリオン」を入れたエイジングケア化粧水を肌に付ければ、NMF(保湿因子)を増やします。


    また、傷ついた細胞を修正させながら活性化する作用が強みです。
    そうなれば皮膚も自然ときれいになり、キメも整ってくるでしょう。
    他にも結合していない単体のアミノ酸も含んでいますが、エイジングケアに適します。化粧水に馴染みやすい成分です。



    因みに「加水分解コンキリオン」はあこや貝の真珠や殻から得られます。しかし、単純にコンキリオンを得るのは難しいでしょう。

    あこや貝の真珠と殻を粉末にして、酸の液体を加えます。


    次にカルシウムを取り除いた後に得たタンパク質を精製して、コンキリオンを抽出するのがポイントです。

    けれども純粋なコンキリオンを化粧水に配合しても浸透率が良くないですから、加水分解を行います。

    水を加えて分解すれば分子量が小さくなり、浸透率を上昇させることが可能です。