• エイジングケアに使えるのはどんな化粧水?

    若いときはピンとハリのあった肌も年齢を重ねていくと、どうしてもシワやたるみが気になってきてしまうものです。

    シワやたるみ、シミ、くすみなどは加齢による肌の衰えのサインです。

    今、評判なのはこちらの化粧水のエイジングケアについて知るならこのサイトです。

    若い頃のような肌の保水力や再生力がなくなっていくのは仕方のないこと。

    それでもまだまだ老けて見えるのは嫌ですよね。


    そんなときはエイジングケア効果のある化粧水をスキンケアに取りいれて対策していきましょう。

    エイジングケアとは年齢に応じた肌の保湿やハリを保つためのケアのことです。


    年齢を重ねると肌表面の水分を保ちにくくなり、乾燥しやすくなります。

    肌が乾燥するとダメージを受けやすくなりカサカサに荒れたり、小じわができる原因にもなります。

    エイジングケアには乾燥対策が大切です。

    今までよりも保湿力を重視した化粧水選びをしていきましょう。


    特に衰えやすいのは外部刺激から肌を守るバリア機能や保水力。

    肌本来の機能を補うことのできるセラミド系の化粧水がおすすめです。


    セラミドは元々ヒトが持っているもので細胞と細胞の隙間を埋める細胞間脂質の一種です。
    加齢と共に減少していくセラミドを化粧水で補給することで、肌の衰えを防ぎ、年齢に負けないみずみずしく、ふっくらした肌を目指していきたいですね。



    エイジングケアとして肌の水分量を保持するにはヒアルロン酸も効果的です。



    ヒアルロンさんは1gあたり6リットルもの水分を保つことができる成分です。
    通常のヒアルロン酸は分子が大きいので角質層までは届きませんが、肌表面で保湿力を発揮して乾燥を防ぐ効果があります。
    最近は低分子化したヒアルロン酸を配合した商品も増えてきています。


    エイジングケアを意識するなら角質層まで届く低分子タイプのヒアルロン酸化粧水がおすすめです。