• 化粧水でエイジングケアをする必要性とは

    年齢を重ねるほど肌が黒ずんでくるのは、乾燥が進行しているからだと考えられます。

    乾燥するとバリア機能が低下するので、紫外線のダメージがより大きくなってしまいます。若いころは少々紫外線を受けても、肌は翌日になればいつもの状態に回復していることが多いでしょうが、年齢を重ねるとそうはいきません。


    肌の復活に時間がかかると感じるようになったら、本格的な化粧水によるエイジングケアが必要でしょう。

    若返りケアも大切ですが、それ以上に老化防止を徹底する必要があります。

    化粧水のエイジングケア情報は初心者にも分かりやすいです。

    肌が老化してしまう原因として圧倒的に大きいのが紫外線であり、紫外線対策として一番効果があるのが化粧水でエイジングケアをすることです。

    内側から弾力性のある状態に変えることができますし、常に保水されているので紫外線を浴びてもダメージが残りやすいです。肌ダメージは乾燥しているときほど残りやすいので、ここは注意してください。



    化粧水でエイジングケアをするのは、20代後半くらいからがおすすめです。
    20代のころの肌はまだプルプルと弾力性のある状態ですが、実際は20代後半くらいから老化が始まっています。

    最初はまだ緩やかな速度で進行するので気づきにくいですが、30代になると加速度的に進行してくるケースが多いため、20代から化粧水でエイジングケアをしておきましょう。


    美肌の基本は保湿なので、化粧水にはお金をかけましょう。その他のスキンケア用品よりも数倍重要であり、肌の抵抗力を高めるために欠かせません。